https://www.tabi-club.com/syria

シリア日記

バイク始めました5

セクハラ教官はさておき、どうにかこうにか2段階に進み、恐怖の急制動。今では40キロなんて余裕だけど、あの狭い教習所でみんなちんたら15~20キロくらいで走ってる状況でいきなり40キロ以上ぶっ飛ばして急ブレーキかけろなんてのは中々できるものではない。

そりゃ外でたらみんな50-60キロだしてるから40キロなんて普通だけど、あの当時は怖かったなぁ。案の定40キロ怖くて出せなかったり、ブレーキ早めにかけすぎたりでまぁうまくいかない。で、ABSもついてないポンコツ車だから前ブレーキかけすぎて転んだらどうしようとか、恐怖心ばかりが出てしまった。

卒業試験の時も、大雨なおかつ強風で先生がもう停止線とか気にしなくていいからとにかく怪我しないでねっていわれたね。

あとスラローム。あれもさ~バイクはカーブで倒した状態でアクセルを少し入れると倒れた方向と反対に起き上がるっていう習性を利用してうまくやるものらしいけどさ、そのまま転んだらどうしよう~、また足が青タンだらけになるっていう恐怖心から中々できない。あの蛇行運転できる暴走族ってテクニックあるわぁってしみじみ思います。結局うまくスラロームをすいすい行けたのって1-2度くらいしかないわ。今思えばもっと練習しておけばよかった。

S字、クランク、一本橋、波状路は結構得意だったかも。波状路、立ちこぎで乗ったけど楽しかったなぁ。あの当時は立ちこぎでどうやってクラッチ変えるんだよって思って先生に聞いたら慣れたらできますだったけど、免許取って半年たつけどその機会はないね(笑)

2段階目から何のバイク買おうか随分悩みました。400はデカいし、かといって250は小さいしって思っていたらBMWとYAMAHAで300っていう中途半端なのがあって、見に行ったんですがまぁ塩対応。女が一人で行くもんじゃないわ。BMWはまだ売ってくれそうな気配は見せていたけど、結局中古で入ってきた車両、私より後から来た人に流されてた。本気じゃないって思われたんだろうな。

あと同じBMWのバイク取り扱い店でも別店舗からの取り寄せはしません、尚且つ別店舗で購入したやつはメンテナンス受け付けません。壊れたら購入した店に持って行ってくださいスタンス。

何それ?おかしくない?私が福岡に引っ越ししたらメンテのために福岡から東京まで持ってこなきゃいけないってことですか?って聞いたら、まぁぶっちゃけそういうことですねって言われてびっくりよ。いや、東京福岡はどうにもならないから一応福岡のBMWに電話しておくことくらいはできるけど、後回しにされる可能性あり。でも埼玉とか関東圏の別のBMWで買ったやつは基本的にメンテ受けつけない可能性が高いです。自分のところで買った人優先にするので、受け入れないこともありますのでご了承くださいって。

欲しかった車種が埼玉にあって見に行ったんだけど、埼玉でも同じこと言われた。横流しもできない、うちでメンテ受けていただくって。えー家から自転車で10分ちょっとのところにBMWあるのになんでわざわざ遠くまで?って思って思ってしまう。

基本BMW店舗以外ではメンテができない(BMW専用のPCをつながないとアラームとかが消えない)、部品も正規BMWディーライー以外では手に入らないから町のバイク屋さんでは車検やら法規点検も受けられない。近くのBMWでほしい車種が入ってくるまで延々と待たなきゃいけない。6か月はかかりますって。マジでどんだけ左団扇だよっていう感じだった。

とは言えども見積もり作ってもらったんだけど、車両自体は58万とかなんだけど、それに私の欲しいグリップヒーターだのドラレコだの入れると100万越え。何がびっくりって工賃の高さ。ヘルメットホルダー1500円、工賃6000円。ドラレコ33000円、工賃38000円とかまぁ工賃の方が断然すべて高いのよ。皇族の方が取り付けてくださるのかしらってくらい高くて貧乏人には先行き不安な金額設定。

YAMAHAなんてもう売る気一切ないから、見積もりもひどい雑。まぁコロナと半導体不足で車業界全体で不足ムードはあるけどさ、予約もできません、発注もできません、探してもないから探しませんみたいな感じで門前払い。

それでもどうしても欲しかったから見積もりくださいって言ったら一応しぶしぶ作ってくれたんだけど、まぁこれも同じく車両は60万弱だけどオプションで100万超え。工賃がどうのこうのっていうより、頼んでもいないダイヤモンドコーティング7万円?やら、そのダイヤモンドコーティングを長持ちさせるさらなるコーティング3万いくらとか、フルオプションいれられて、絶対売る気ないよねって感じで冷やかしは帰れよ感がすごかった。

写真はBMW310Rかっこいいよね

 

No tags for this post.

-シリア日記

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2022 All Rights Reserved.