https://www.tabi-club.com/syria

シリア日記

アミールが来ました No.1

くろたんが死んではや2か月、ついにうちに新しい猫がやってきました~

名前はアミールです。アラビア語で陛下、殿下ってな意味で国のトップにつける名称です。アラブ人上司に知られたら殺される。

くろたんはシリア猫だけど和名だったので、この子にはアラビア名をつけました。

アミールは小笠原産の猫です。昨年小笠原に旅行に行ったときに、島で猫が野生化して山に住み着き天然記念物の鳥などを捕食し生態問題になっておりその保護活動の一環として小笠原では野生の猫を捕まえて人に慣らした後に東京の動物病院に送ってワクチン避妊去勢手術を行ってから里子に出す活動をしているということを聞きました。

その名も小笠原ネコプロジェクト https://www.ogasawaraneko.jp/

山に戦績ツアーに行ったときに何個もケージがおいてあり、また港の近くには猫待機所という場所があり(入れなかったけど)そこで捕まえた猫を慣らしているとのことでした。

当時はくろたんも生きてたけど、次猫をもらうなら、こういう野生の子が強そうでいいなぁと思っており、今回クロタンが死んだときにこちらに連絡を取らせてもらいました。

ちょうどコロナの真っ最中だったので、船の就航も危うい状態だったので。ダメもとでメールしてみたらなんと返信がきて小笠原の猫に興味を持ってくださりありがとうございました、自宅の近くの動物病院で受け入れているところがあるか聞いてみますとのことでした。

その後、こちらの団体の方からお電話があり、私の家の近くの病院では受け入れ実績が10年以上前で現在受け入れてくれるかわからないのだが、西東京市の中川動物病院の先生はこのプロジェクトの発起人の一人であり今でも何匹も受け入れてくれいる。ついこの間も猫が届けられたばかりのうえ、妊娠していた子が子猫を3匹生んだそうで、私のことも電話で伝えてあるので、連絡してみたらどうでしょうという素敵な情報をいただき、早速電話してみました。

看護婦さんに電話でお話したところ、団体の方のお名前を出すとすぐに対応してくれて、先生にきいてくださったのですが、まだ生まれたばかり(9月14日)で、目も開いていないので10月の中旬以降にまた連絡をくださいと言われました。

つづく

中川動物病院 https://nakagawaahp.jimdofree.com/

ツイッター https://twitter.com/nakagawaahp

ここの看板猫のテテ君がめちゃめちゃかわいい!!

 

 

 

 

 

 

-シリア日記
-,

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2020 All Rights Reserved.