シリア日記

入院2 肩腱板断裂

2019年3月30日

退院して、6か月以上たちました。生きてました。というか、いや死にかけてたってくらい痛かった。

未だに腕も180度上がらず、まぁもうこの怪我は笑えないくらい大変です。

手術も30分くらいかと思いきやなんと4時間半ほどかかったらしく、起きたら激痛。

全身麻酔の手術で、とりあえず前日は絶食。

当日昼過ぎにパン一に手術着で手術室に向かい、まずは局部麻酔なんだけど、これがまた痛いんだわ。

麻酔科の二人が、あーでもないこーでもないって言いながら、針をぐりぐり刺して、ひぃひぃ言ってたら突然びりぶりして

先生!!今超びりびりしました!めっちゃ痛いって言ったら、「あ、良かったです~」ってええんかいな。

で、麻酔のマスクさせられて2秒で撃沈。目が覚めたらすでにベッドの上で腕にがっちりと装具はめられていてとにかく激痛。

よくテレビで病人がはめてる酸素マスクさせられてるんだけど、これが偉い苦しいし、喉が渇いて仕方がない。

その上、なんか沁みるように股間が痛いって思ったら尿管つなげられていて、マジか!って。

いや~ん、先生にTバック見られちゃた、テヘぺロとかそういうレベルじゃないんだけど、っていうか最初から脱がせておいてくれ。

腕どころかとにかく全身がとんでもなく痛くて痛くて、点滴見に来てくれた看護師に「痛いです、死にそうに痛いです」って言ったら

痛み止め追加しますねって言われて、入れてもらったものの、全然効かない。

30分毎くらいに見に来てくれる人に、「やっぱり痛い、無理です」って半泣きで言ったら「じゃあ別の痛み止め入れます」って言ってくれて、点滴に混ぜてもらったら、しばらくしたら超熱くなってきて頭ぼーってしてきてさらに汗がだらだら出てきて、その汗が耳に入ってそりゃあもう気持ちが悪い。

背中も首もとにかく汗だくで、もうびちょびちょなのよ。

とにかく耳の中の汗が気持ち悪くてパニックになってナースコール押そうかと痛い首を動かして探したら、なんとナースコールが頭の上で紐が縛り付けられていて、とてもじゃないけど届かないっていうか、何それ。使ってないとき使用じゃんって状態で、夜中に同室の人に

ダレカー!!誰かーーーーすいませんーーー看護師よんでくださいーーーーー!って大絶叫。

「ナースコール押したら」って声が聞こえたけど、「ナースコール縛り付けられていて無理です!!」って言ったら呼び出してくれたんだけど、看護師から

「どうかしましたか」て言うので、さっきの痛み止め入れてもらってから全身から汗が止まりません。熱いし汗だくて気持ち悪いから、手術着脱がしてくださいって言ったら、あわてて脱がしてくれたんだけど、まさかのアテント!!

アテントごと脱がしてもらって、薄い手術着に変えてくれたんだけど、これがとにかく痛くて自分で体が一ミリも動かせない。

3人がかりで着替えさせてくれたんだけど、もう本当に大変。

で、最後に「何かあったらナースコール押してくださいね」っていうから、ナースコール縛り付けられてます!!って言ったら

あららって。

これ個人部屋だったらどうなってたんだろうってぞっとするわ。

その後もとにかく痛くて一睡もできない。周りのBBAのいびきもうるさいわ、痛いわでとにかく地獄。

喉もカラカラだし、30分おきに来てくれる看護師に「痛い、喉乾いた、死にそう」って訴え続けていたら、外国人の看護師さんが時間をみて「唇濡らすだけですよ、飲んじゃだめよ」って言いつつこっそり水を少しだけくれたけど、マジであの水なかったら死んでたわ。

たぶん、日本人の看護師さんだったら絶対くれなかったと思われる。

で、痛さでのたうちまわっているうちに、朝になって7時に強制的に朝食です~ってベッド起こされるも、とにかく痛くて手術していない左手も動かせないから、無理無理無理無理ってなっていたら、飲み物だけでもダメですか?って看護師さんが言うので、自分で持ってきたパックのジュースにストローさしてもらい、首だけ起こして飲むも、これも痛い。

とにかく一ミリでも動いたら痛い、動かなくても痛い。

地獄の一夜が過ぎても延々と、痛みは引かないし、大好きな主治医が来てくれても、口もきけないほど痛い。

つづく。

装具こんなの。わきが閉まらないように、脇に偉い分厚いかまぼこみたいな、クッションかませて尚且つ腕をぶら下げている。これが寝ている間も1か月つけ続けるんだわ。地獄。

http://www.fff.or.jp/seikei/rehabilitation/rh_upper.html

-シリア日記
-

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2019 All Rights Reserved.