アジア編

成田~バンコク~関西空港 '98国際線で里帰り

投稿日:1999年1月24日 更新日:

スポンサーリンク




 おやじ天国 バンコク

CX701のエコノミー席は、見なれない乗客で埋まっていた。
通路向こうの斜め前の金ぴかのはげおやじ、ホめ後ろは虚繿フ質風の気繧ネおやじ。不安げに、タイ語会話集を見ながらぶつぶつ唱えている。
「おやじの一人旅が流行っているのかっ!・・・」
慢濘を感じて、本から目を放した。

「・・・タイは年に3回は行っていますね」
「・・・高校の教師なんです。今回は山岳地域へ行こうと・・・」
「・・・ええ、明日の飛行機で北へ向かいます・・・」
隣の若い男生と話している初老の男。彼とは何故か2日後に、WTC行きのバス停で再会することになる。おいおい、おっさん、R岳地帯はどうしたの?

バンコクを歩けば、この手のおやじに絶対ぶつかる。彼等こそ、われらが同胞「シャパニーズ・エロおやじ」なのである。

バンコクに滞在すると、パッポンの近所のマッサージ屋に行く。大体夜になるのだが、必ず両替機で万Dをタイバーツに換えている、日本おやじにどっとぶつかる。パッポン、タニヤは大盛況。特に年末ということで、休暇を利用して遊びに来ているらしい。奥さんとか家族はほったらかしなんだろうか?それとも、独身なのか。タイの女の子にはまってしまったのか・・・。
いろいろな地域を旅行してきたけれど、この手の雰囲気にぶつかるのは、バンコクが初めてである。3回訪れたが、未だなれない。バンコクに滞在する度に、「男の為の歓楽街」であることを痛感する。

「アイ・ウォント・ゴオ・スクンビット!!」
野球帽をかぶった乱れ髪のおやじが絶叫した。どう見ても日本人にしか見えない。夜のホテルの帰り道、マンブーン・クロン行きのバスでのできごとである。バスが違うと分かると、血相を変えて降りて行った。ソイ・ナナにでも、行くのであろうか。だったら、タクシーで行けよ。
рヘ隣のタイ女性に苦笑いするして肩ゆ゙垂゚た。

電脳な一日 ~パンティ-プ・プラザ~

どうしてタイ人は、吹き抜けがすきなのであろうか・・・

入り口でため息をつきながら、見上げた。マンブークロンといい、このパンティ-プ・プラザといい、建物の真ん中が最上階まで吹き抜けになっていて、エスカレーターが両脇についている。が、どういう法則で設置したのかは知らないが、上の階に行くのに、目的のエスカレータを探さなければ行けない。

2階は、どう見ても毒にしか見えないジュースなどが売ってある食堂がある。それを無視して、まずは店を物色しながら、上へ上へと上がって行くことにする。目的はMacのアドビソフトが入っているCD-Rom。予想通り、Macものは少数派らしい。通路に店を出しているアラビー系のおやじに「Macもあるよ」と声をかけられるが、冷やかしつつ首を横に振る。

最上階は、いきなりこぎれいな、大形店鋪。ちなみにそこで展ヲされてあった、iMacは、59,000THBで1.5%ローンタ{中。ちなみに、1万円が3,000THB。タイで見ても、iMacはやっぱり可愛い。

「おお、けっこう安いじゃないか」
とある階の隅でCD-Romのバーゲンを覗いていると日本語が耳に飛び込んできた。振り返ると、中年の日本人男性が、CD-Romを手に取っている。
「あ、こっちにありましたよ!」
向こうからの別の日本人男性の呼び声で、2人はいそいそとそちらに向かった。さり気なく目的地を覗くと、無修正アダルトCDビデオが山積みに・・・。
嗚呼、シャパニーズエロおやじ、健在なり。

何となく惹かれた、4階にあるちいさな店のバーゲン品を手にとる。MS-Officeの日本語バージョンを含む周辺ソフトが入ったCD-Romが100THB。
「これもお勧めだよ」
ふむふむと物色していると、店員らしいのび太くんにそっくりの店員が1枚、CD-Romを差し出した。これでもかっ、とWin98を含む金目ソフトが入っている。全てタイ語バージョンらしい。おもしろそうなので、2枚購入することにする。しめて180THBなり。
「10分待っていて」
のび太君はそういうと、どこかへ消えて行った。しばらく店内をぷらぷらしていると、後ろから2枚のCD-Romが。品物を確認して、お金を払う。

さんざん店を覗いた挙げ句、目的のMacものは3階のこぎれいな店で購入することにする。Macものは1枚150THB。アドビシリーズと、DreamWeaverが入ったものを購入。カウンターに申し出る。隣にはCD-RWが設置されていて、タイのお兄ちゃんがだらだら何かやっている。しばらく待たされた後、やっと物を手に入れる。

2階に降りて行くと、人だかりが。CDビデオのワゴンセールをやっているらしい。1枚250THBからあるようだ。ブラピ出演の「ジョー・ブラックによろしく」を手に取る。タキシードpに惹かれて購入しようかと思ったが、~めた。汢颪砲靴笄Α」

「タイも日本も、電化街は一緒だな」
建物を出るまぎわ、呟いた。

インターネット・カフェ体験

「インターネットをしたいのだが・・・」
「あ、この奥のトビラね」
タイ人の青年は奥のとびらを指差した。
ファランがいそいそと消えて行く、例のとびらである。

その店はアラブ系の、どう見ても、d立て屋とコンビニもどきの雑貨屋。飛び込みでチェックインしたホテルの横にある。外にかかげられた怪しい看板には、黄色に赤字で「E-Mail」。スリフォン通りにある、インターネットができるらしいという「The Cafe」に行くのを中~。シンハとカオマンガイで腹ごしらえした後、潜入した次第である。

トビラをあけると、灰色の階段が上に続いている。のぼって行くと、ガラス張りのとびらとげた箱。パソコンが3台あり、巨体のファランが3人、謔阨tかれたようにキーボードを打っている。待たしてもらうことにし、中へはいる。奥には大きな事務机。そして接客用のソファーとテーブル。どうも、旅行代理店をかねているらしい。並べられたガイドブックの中からモスクワ辺をとりだし、パラパラめくってみる。飲み過ぎたせいか、ひたすら眠い。

「あ、一台空いたから」
ドイツ人っぽい青年に声をかけられる。彼が座っていたPCの前に腰掛け、マウスをいじる。きゃー。

「じゃあ、このカードに開n檮盾ェ書いてるから、終ったら下に降りてきてね」
アラブ系の店蛯ェカードを差し出し、どこかへ消えて行った。さあて、どうしましょ。キッチュなタイ晤キーボードの前に、すでに頭の中はどひゃどひゃモード。

「やっぱり、日本語は化けちゃうのね」
無惨にも、рフサイトは怪しい文字でわけが分からなくなって見える。d方がないので、チャットにメッセージを残し、掲ヲ板へ。お、重い・・・。こりゃ、電話回線だな。

掲ヲ板に書き込むのは諦め、闥�をとりだした。Hotmail経由で友人知人にメールを出すためである。あ、日本語が使えない。ローマ嘯ゥ英語かあ。うっひゃ~、ローマ嘯チて読みにくい~。

「コーヒーと紅茶、どっちがいい?」
我に返ると、店蛯ェ私の後ろにたっていた。なんでも1條ヤ利用すると、ソフトドリンクが1杯、無料なんだそうである。ブラック・コーヒーを注文し、ふたたびインターネットの海で溺れる。

結局、閉店まで1條ヤ半粘った。料金はしめて250THB。疲れがどっと押し寄せてきた。

ビーチへ行きたい!

その青年は、タイ人特有の笑顔で手招きした。
ガラス張りの向こう。ファランポーン構内の、ガラス張りの旅行代理店の前である。
誘われるままにトビラをあけると、目の前の椅子を勧められた。他には白人の旅行メが、いろいろ打ち合わせをしている。

「で、どこへ・・・」
「ビーチへ行きたいんだけど・・・2、3日の予定で。トラートなんかいいな」
「え!トラートは無理だよ。パタヤかホアヒンはどう?」
「パタヤは夏にいったから嫌だ!う~ん、ホアヒンしかないのかな?」
「絶対ホアヒンだよ!」

青年はでっかいファイルをとりだして、ホテルを選び示した。う~ん、高すぎる。

「高いよ」
「この時期でこの値段は安いよ」
「でも・・・」

しばらくそんなやり取りが続いた挙げ句、2泊3日で手を打つことにした。カード払いだと5%の手数料がかかるということで、ATMの場所を懇切丁寧に教えてくれただけでなく、ホアヒン行きの切符まで、走って買いに行ってくれた。

「じゃあ、この封筒にクーポン券、入っているから・・・」

青年は封筒の上に、ゥ分の名前を書き出した。

「一人なんでしょ?今晩の予定は?」
「べ、べつに、、、」
「じゃあ、今晩一緒にご飯食べにいこうよ。夜の8桙ワでに電話して」

封筒に電話番号まで書いてくれたうえ、オフィスの外まで見送ってくれた。

彼との約束を思い出したのが、夜8梍シ。お気に入りのマッサージ屋で、まったりと過ごしていた最中であった。

ホアヒンにて

列車に乗って一時間もしない内に、後悔し始めていた。
3等座席はクーラーはもちろんなく、窓は全開だ。
牧場(?)の横を通る度に、独特のにおいが鼻をつき、薪をしているところを横切れば、顔に灰がくっつく。
ただ、隨呂離織た余箜凵゚氈「修鵑侮餠靴亡蕕蘂靴・瓩討a隋2晋里・⊂・靴曚辰箸靴拭」

それにしても、まったく彼等は親切なのだ。くそ重いトランクを網棚から上げ下げをしてくれるわ、おりる駅も、尋ねもしないのに教えてくれた。
が、やっぱり帰りはバスにしよう。

列車をおりると、早速変なおやじに捕まってしまった。50THBでホテルまで行くと言うので、お願いする。ヤを見ると、人力車?!?!案の定、ホテルを間違う。しかし、あの細い足で、一生懸命走って行く姿を見ると、悪いことは言えない。一般タイピープルにデブがいないと言う理由を、垣間見た気がする。

チェックイン後、早速夕食にくり出す。シーフードのおいしい店が連なると言う通りに近い。適当なところをぐるぐる回っている内に、はずれに出てしまう。
結局、中華系の食堂に入る。店の女の子が日本語を話したのにはびっくり。いま、勉強しているそうだ。料金も安く、流行っている店に有り勝ちな、好感がもてる店だった。

シンハとシーフードで気揩ソ良くなったところで、ナイトマーケットを散策。なんだ、単なる屋台が並んでいるところ。何故か、日本の夜店を思い出す。

人通りの多い方へ向かって歩き続ける。
親q連れが吸い込まれて行くように入って行くところがあるので、つられて入る。
そこは、観覧ヤ、メリーゴーランドなどがある、夜の遊園地。売り子の声、q供達の笑い、後ろで流れるタイのロック、、、
黄色、オレンジ、赤、緑、、、様々な明かりに様々な音が入り交じり、ゆめの世界をかもし出している。
ずっと時間をとめて、そこに居続けたかった。

スワソンビーチのお寒い一日

「ひ~、お嫁に行けない~」

いくら下に水着を付けているとはいえ、ワンピースの裾をたくしあげて、バイクの後ろに馬乗りになっているのだ。これも、運賃を値切った罰なのか...

ホアヒン・ビーチでは馬が歩いている。
別に馬にうらみがあるわけではないが、馬とはビーチで一緒に過ごしたくない。そんな私が、御近所とかいうスワソンビーチへ行く気になったのは、当然の成りゆきであった。ホアヒンから30分くらい。軍槙賴nらしきものの奥に、そのビーチは合った。お食魔ヌころ、みやげ物、設備の整ったタイョトイレ。ビーチへ出れば、おやじが20THBでチェアを貸してくれる。うき輪は50THB。

スワソンの海は、細かい白い砂で敷き詰められている。波打ち際には貝が打ち上げられ、浅瀬ではちいさな魚が泳いでいる。青い空、白い波...絵に描いたようなビーチに、荷物を置くと即様、海の中に飛び込んだ。

「さ、寒い~」

白い波...ということは、それだけ波が荒く、風が強いということ。あれだけの陽気にもかかわらず、海の中は冷たかった。しばらく頑張ってみたが、たえられなくてすぐ海から上がる。すぐさま、風が私の肌を切り裂く。冷たいを通り越して痛い。観念して、ひなたぼっこに専念することにした。

閹を書いたり、おやじのちょっかいをあしらったり、うとうとしたり.....
が、bくするとすぐ、ビーチチェアをキープしているところが日陰になる。その度に、日なたまで移動しなければ行けない。パレオを体に巻き付け、ずるずる椅子を引き摺る。気分はリゾートのつもりだったが、体感温度はすでにモスクワだ。

「もう、たえられない...」

荷造りを始めると、タイ人お兄さんが「バイク?」と寄ってくる。行きよりも値段が安かったので、お願いして、彼のバイクに目をやる。嫌な予感。

バイクはこてこてのおニューで、金がかかってそうなものであった。もちろん、その持ち主も、飛ばし屋。行きよりも15分も早くホテルに着いたのは有り難いが、リゾート気分はすっかり吹っ飛んでいた。

夜のヤワラー・問屋街

歩き疲れていた私の目の前に現れたのが、その路地であった。
幅が1mしかないのに、あたりは人でごった返していた。正倦Oの、買い出し客のようだ。
が、そこに出店している店は、文具やアクセサリー、玩具などを扱う店が殆どだ。
ようやく目的地に辿り着いたと、確信した。

目的は、アクセサリー。できればシルバーものがあればいいな、そう考えながら、店を覗いてみる。どれもいまいち。

何件目かのお店に、R積みのアクセサリーが。陳列もしてあるが、ビニール袋の中にも、ピアスが束になって入っている。どれも捨てがたい。けどね~、ごそごそ。

ひとつ、なかなか洒翌スデザインのを見つける。閧ノ取って観察していると、背後に人陰。お店のお兄ちゃんだった。早速値段交渉。

「これ、袋丸ごと買うから、負けて」
「ダメだよ、卸値だから」
「え~、ダメなの。くっすん」
「だって、卸値だよ。これ以上負けられないよ~。ところで香港から来たの?」
「ちゃうちゃう、日本だよ。わざわざ遠くから来たんだから負けてよ~」
「ダメだって~」

不毛な会話が続いた挙げ句、値切り不成功。しかし、買ったブツはシルバーモノで、かなり御機嫌。くっ~、もっとお金を残しておくべきだった、と反省。

路地を抜けると、すっかりあたりは暗くなっていた。
屋台が並びはじめ、売り子の声がますます大きくなる。
夜のチャイナタウンは、ますますパワーを帯びていく。
吸い込まれるかのように、しばらくその街中を漂っていた。

そして日本へ ~It's my answer~

出発前日まで、迷っていた。アメリカから、一通の手紙が届くまでは・・・。
一年前から音信不通になっていた、昔の恋人からのクリスマスカードだった。これまでの想いが、細かい字で綴られていた。心の中の思い出をたぐり寄せようとした。霞んで見えない。封筒の住所の部分を破りとり、闥�に挟んだ。翌朝、トランクに荷物を詰め込んだ後、チケットを手にアパートを飛び出した。

成田空港到着が、フライト出発時刻の1條ヤ半前。チェックイン・カウンターから、走るはめになってしまった。軽い疲労感。それは飛び込みで入ったバンコクのホテルで荷物をほどくまで続いた。ホテル付属の封筒と便せんを掴むと、向いのマクドナルドに入った。

閹が書き終わると、注文していたポークバーガーを頬張った。塩っぱかった。コーヒーも冷めていた。しばらく車が走って行くのを眺めていた。

どれくらいたっただろうか。切手を封筒に貼ると、店を出た。通りすがりにポストを見つけ、閹を投函した。騒音と排気ガスで、吐き気がした。

後日、念のためインターネットカフェから、メールを出した。

You just read my letter from Bangkok. It's my answer.
「海を見たいな・・・」
ビーチ・リゾートへ行くことにした。
何かから逃げ出すための口実だったのかもしれない。

・・・・
新大阪駅から実家に電話を入れると、「行方不明」ということになっていた。
てっちりとふぐ肝、八海Rの吟穣を堪能し、「マスタ-キ-トン」を読破して、カラオケに明け暮れ、大阪を後にした。

東京のアパートでは、何の変哲もない日常が待ち構えていた。

~~ The END ~~ 

データ編

■ 旅程

12/26 CX501 NRT-HKG 11:00 14:00
CX701 HKG-BKK 15:45 17:25
12/29 BKK-HuaHin(列車) 夜のホアヒンを徘徊
12/31 BKK-HuaHin(バス) ヤワラーの問屋街で買い物、等
1/ 1 CX700 BKK-HKG 08:20 12:05
CX564 HKG-KIX 13:50 19:45
1/4 OSA-TYO(新幹線)

■ HOTEL

バンコク

Kri-thai Mansion(Bht.800 (private bathroom))
(地球の歩き方参照のこと)

BangKok Center Hotel (Bht.1000 (private bathroom))
(地球の歩き方参照のこと)

ホアヒン

City Beach Resort (Bht.1700 (private bathroom))
(地球の歩き方参照のこと)

その他

インターネットカフェ

Amazing Tours and Travels(Bht.250 (1 hour))
(925/36-8 Rama 1 Rd., OPP. Bangkok 10330 Tel:(662)216-6236-7)







-アジア編

Copyright© 旅人体験記 , 2018 All Rights Reserved.