北アメリカ

BigHugのボストン&ニューヨークの旅

投稿日:1998年11月28日 更新日:

-ボストン編-

旅行寸前の8日(金)、ボストンで翌ソ合うはず のMr.&Mrs Paul から電qメールが届き、叔父が急病で タ家のワシントン州に帰らなければならなくなったと 連絡が入り、1人でボストンでは行動しなけらばならなく なったが、気をとりなおして8日(土)ノースウエスト(NW)航空6便で 出発。NWはワースウエストという人もいると聞いていたが エコノミーでは左3席、真ん中4席 右3席となっており 前の席との間隔が非常に狭く、真ん中の席に座ったもんだから トイレに立つのに、すいませんをくりかえしながらでないと 身動きがとれません。機内食もとてもおいしいとはいえず 格安航空券によくつかわれるだけあるな。と思いました。 でも、予定通り、シカゴで現地條ヤ午後2椏﨧顱「 シカゴから3條ヤ程で、NWでボストンに到着、 そのまま、バスでマリオットホテルに到着しました。

バスから、トレードセンターにMacworld BOSTON と書かれた 掲ヲを見つけましたがもう終わってしまっていて残念でした。 ボストンは日本の京都と姉妹都sになっていることから わかりますように、とても歴史の古い町で、アメリカがイギリスから 独立にいたった、いわばアメリカ発祥の地で、アメリカ人の中でも 観光スポットになっていて、イギリス風建築と近代ビルがマッチしている ところです。

ホテルはCopley Place(コプリープレイス)という 町の中心地にあり立地条件がいいホテルです。ホテルに夕刻について ホテルに位置確認のため周りを散策しました。 翌日はなにしようと考えて、1日市内観光に入っ てしまおう とJTBデスクに連絡してツアーに参加することにしました。

1日観光はボストンコモン公園を抜けビーコンヒルと呼ばれる 高級住宅街へ。そこの住宅はヨーロッパ調で、ガス塔もあり よく絵葉書にもなっているボストン最古の通りで、ハ真を1枚。 マサーチュセッツ州庁舎によったが、天井のドームが工亦・セった のはがっかり。ハーバード大学とマサーチュセッツ工科大学に よって中を見物。アメリカの大学はオープンでだれでも自由に 見学できます。ハーバードスクエアでひとやすみ。 クインシーマーケットというおおきなショッピングモール で買い物。たくさんの露天がならび、みているだけで も楽しかった。

つぎに アメリカ独立戦争のきっかけとなったボストン茶会船 Boston tea party の舶ィ館を見学、 ボストンマラソンの ゴールになっている図書館前を抜けホテルへ。

夜は1人 で近くのバーでのみにいった。日本ではあまりみかけないが サム アダムスというビールをのむ人がおおかったので それを注文。なかなかの味、となりにすわった現地の人 とボストンレッドソックス(地元の大リーグチーム、繧ュて ヤンキースに10ゲームもはなされている、万年Bクラス 元巨人にいた、シェーンマック選閧ェ代打で控えにいる) の話しでもりあがり、明日のナイターをみることにした。

翌日は、いきたかったボストン美術館を見学、全米屈指の美術館 だけあって、中で迷子になりそうなほど、膨大なコレクション がある。特にエジプトの遺跡関係や日本の作品が多い。 じっくりみたら2日はまるまるかかるであろう。 機会があったらぜひおすすめです。ただし通常圏j日が休みで 要注意。この日も圏jであったが、観光シーズンで幸いなことに オープンしていた。

夕方まで美術館にいて、地下鉄で レッドソックスの本拠地 フエンウエル パークへ。 ボストンの地下鉄は安全ですが、良くしらべておかないと 目的地へいくのが一苦労します。

このフェンウエル パークはできあがってから85年もたっており 老朽化している。ドームになっていない昔の後楽園球場のような感じ。 なんと外野スタンドがライト側しかなく、レフト側で昔火事があり そのまま撤汲オてしまったそうだ。古いものを大切にする ボストンs民。今、新球場建設問題が市民の話題となっている また市内のビル群も国の政策により、(とくに道路建設) どんどん新しくなっていていたるところが工亦・セ。 s民の間では、また税金があがるのではと心配している。

野球場の入場料はボックス席(1塁側の指定席)で21ドルだった。 東京ドームでは倍はする。おどろいたのはビールの売り子がスタンド にはいない。アイスやホットドック、コーラばかりで男性が売っていて 女性の売り子はいない。ビールをのみたい人は階段をおりていって 下で、21才以上であることの身分証明を見せ、1人2杯までしか販売 しないと書いてある。なにかこんなところのにもアメリカ文化が見える。 ゲームは3-8でテキサス レインジャースに負け、早々とホテルにもどった。

氓フ日、ようやく時差ボケもすっかりとけ、天気もいいので 公園を散歩することにした。旅行案内をみているとコンピューター舶ィ館 なるものがあるようなので、タクシーをつかまえていってみた コンピューターの誕生から動作原理までわかりやすく説明しており q供たち団体の見学が多かった。午後ニューヨークにいかなければ いけない予定なので、1條ヤ半ほど見物してホテルに帰った。







-北アメリカ

Copyright© 旅人体験記 , 2018 All Rights Reserved.