シリア日記

ハリボテ ドバイ

投稿日:2007年4月2日 更新日:

どないやねーーーん!!

つか今日前の大家を訴えるべく、ドバイミニシパリティーの中のレントコミッティーなる
家問題文句受付課に行ってきたんですよ。
いや、ぶっちゃけもう家賃は帰ってこないし、契約書も無いのでどーにもならんのは承知の上で
それでも、ブラックリストにそのエージェントを載せてもらうとか、
ミニシパリティーの方から電話を入れてもらって、苦情だけでも言ってもらうとかしようとしたんですね。
で、英語の出来る友達に説明レター書いてもらってついでに同行してもらったんです。
いや、ぶっちゃけ、エマラーチーは同国人を庇うと思ったから、
歯牙にもかけられず、追い返されると思ったんだけど、
以外にもしっかり話を聞いてくれたのでびっくり。
対応してくれたのはアバヤのねーちゃん二人。

まぁ結論としてはやはり契約書が無いのでなんともならんと、
でも彼らのやっていることは、違法でありやはりそういう
悪徳業者だと。
で、ミニシパリティー曰く、残りの金(10万以上)は残念ながら
取り戻せないけど、とにかく、相手に
『もうお前のところには住んでいない、鍵も返した』っていうレターを一筆書いてもらわないと、
今後何をまた言ってくるかわからないとのこと。
で、そのレターを書くようにエージェントにミニシパリティーから電話してもらったんだけど、
マネージャー陣を出さない。

取り合えずミニシパリティーの人の電話番号をゲットして
事務所に乗り込んだんだけど、誰も居ない。
つか、ミニシパリティーの人も言ってたけど、
ここの事務所本当にいつも誰もいない。
ガサ入れを恐れてわざとインド人とかのレセプションとかしか
置いてないんじゃないかしら?

で、貴様、あとでこっちでレター作成して送るから、
サインしてこっちによこせよってメモしてきたけど、多分見てないだろうなぁ・・。

友達がミニシパリティーの人に
「違法ってわかっているのなら、なんで取り締まってくれないんですか?」って言ったんですけど、
『この国にはこういう違法なのがたっくさんあるのよ、だからあなたが気をつけるしかない』って言うけど
そういうのって自国の恥って思わないのかしら?

この間、日本でイギリス人の英語教師のねーちゃんが殺されてこのねーちゃんの親父が
「犯人は日本を侮辱した」って日本人でもないのにそんなセリフはいてたけど、
アラブでは自国の人間が不正してても恥ではないのね。
みんながみんな不正しているけど、それが国の恥とかいう考えにまでいきつかんみたい。
なんかの統計で汚職の多い国ランキングが出てたけど、絶対アラブがナンバーワンだって。
(しかし、アラブ人にはそれが汚職であるという意識すらないので、カウント不可能だと思われるけどさ)
本当、イスラムって腐ってるわ。

この後、警察に行って友達は免許の手続きで延々と待たされ、私は3/13日の日記の車の事故が
どーーーしても納得いかないので、警察にもう一度状況を説明したらなんと

「君は悪くないね」って。

ナニィィィィィィィィィィィィィ??!!(ちょっとジョジョ風)
つか、つか、でもそのときの警察は両方悪いって言ったんだよって言ったら、

「うーん、その警察官は誰?なんで警察署に来なかったの?
しかも相手無免許?なんで警察署に行かない。一発で捕まえてたのに。
なんで、相手の電話番号も車番号もわかんないの?」って。
だって警察が、お前の仲間が何にもレポートも書いてくれず、不問にしたんじゃねーか!!
もう後の祭りよ。ホント。

「次からは疑わしかったら警察に相手と一緒に来てね☆」って。

ドバイって国は、綺麗に見えて先進国ぶっているけど、結局はシリアと全然変わらない。付け焼き刃のハリボテですわ。
まぁ所詮ベドウィンに法律だとか規則だとか言ったところで通じません。
だって部族ごとに移動する人たちだもんね。
そんなんみんながみんな守ってたら、部族消滅しちゃうもんね。
アナーキでなんぼ。じゃないと生きていけない民族なのよ。
これがイスラムなんだと思う。

って事で今日はさっきから私の心をあらわすかのように、雷を伴った大雨ですわ。

-シリア日記
-, , ,

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2017 AllRights Reserved.