シリア日記

海底の君へ

投稿日:2016年2月20日 更新日:

海底の君へ

私の大好きな俳優、藤原竜也が出ていた単発ドラマなんだけど、これがまた良かったんだけどヘビーだったわ。
中学の時に受けた虐めの後遺症で30近くなっても未だに、中学生のグループとか見るだけでパニック障害に陥る。
高校とかもまともに行けず引きこもりになり、なんとかバイトで食いつなぐ感じの生活しかできない。
虐めのせいで自分が「普通」ではないと思い込み、人と接することができないっていう役。

虐めの内容も、ミミズ食わされたり暴力受けたり海に投げ込まれたり、教科書、バッグを破られたりともう、ひどい。
もちろん毎日のように「死ね」とか言われていて、セリフの中で
「彼ら(虐めグループ)にとって僕は死んでもいい存在なんだ。なんで生まれてきたのかわからない。どうしたら普通になれるかわからない」っていうんだけど、もう本当にきつい。
とにかく自分が普通でないという劣等感にさいなまれて生きている。

バイト先で、万引き騒ぎがありどうやらそれが、虐めで無理やりさせられた中学生と出会い、その姉と仲良くなり彼女に昔の経験を話して、そこで彼女から「あなたは悪くないよ」という言葉をもらい、少しずつ回復していくんだけど、その弟が虐めのせいで自殺未遂を図る。

そしてその虐めグループの弁護をしているのが、昔自分を虐めたリーダ格の男で、勇気を出してそいつに会いに行ってなぜ自分がそのようないじめを受けたのかを聞く(ついでにそいつが同窓会の幹事もやってたんだけど)。で、そいつの回答が
「は?よく覚えてない。あんなの遊びの一環じゃん。俺の事ゆすってるの?」
虐めのリーダー格のこの弁護については
「自殺で死んだらそれでおしまいだからそっちはそれでいいよな。加害者の子だってこれから先人生があるんだから、本当迷惑だわ。虐められる側にも問題あるんだよ」とかもう全く虐めというものが受けた人間にどれだけの影響を与えているかとか理解していない。
愕然とするくらい認識がない。まさに、いじめをするやつってこんな感じなんだな!ってのをうまく演じていた。

最終的に藤原竜也は、同窓会で全員道連れにして自爆することで、虐めというものがどれだけ人の人生を狂わせるものか、そしてその報復を行い、虐めの酷さを世間に認識させようと試みたが、結局ヒロインの姉ちゃんに間一髪で止められて、刑務所行き。
救いと言えば、そのヒロインが出所まで待っていてくれたことくらい。

自分も虐められた体験があるから、マジでみててきつかった。
腹立たしいクソ弁護士を演じてた俳優(桜井翔のドラマでもなんか意地悪なクソ野郎な役やってた)も、ある意味素晴らしい。
虐めするやつって大人になってもこんな野郎なんだなってでマジでむかついた(笑)

NHKだから、そりゃ未遂で終わらせて出所までヒロインが待っていてくれるっていうラストしか作れなかっただろうけど、私としてはあのまま全員道連れで自爆してほしかった。
自爆して、いじめる奴は報復攻撃を受ける可能性があるということを認識して欲しかった
死ななくてもいいから、足の一本、腕の一本でも吹き飛ばされて死ぬまで不便な思いをしながら、自分がやったことで報復されたという十字架を背負って生きていかなきゃならないくらいのメッセージを植え付けてもらいたかった。

このドラマ、私はいじめを受けた側の人間として見ていたけど、世の中には二種類しかいないと思う。
ドラマでも言っていたけど、いじめを傍観していた人間も虐めた側の人間。
虐めた側の人間は、このドラマをみても多分なんとも思わないだろうな。
反対に、バカじゃない?いつまでに昔のことずっと考えている君の悪い奴ら。だから虐められて当然位思うんだろうか?

ぜひNHKさん、再放送して色々な意見を聞いてもらいたい。
そしてあの、上村君を殺したクソガキに極刑を言い渡してもらいたい!

-シリア日記
-

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2017 AllRights Reserved.