シリア日記

野沢温泉一人スキー合宿 No.2

投稿日:2018年2月20日 更新日:

夜やることもなく、TVもオリンピックのみでつまんねーのでさっさと寝て、6時半に起床。熱湯コマーシャル早朝版に入りに行くも熱すぎて脱いでから風呂を出るまで20分持たず。3分入ってまた出て、また3分入って出てというせわしない風呂を終わらせて、宿に戻り朝ご飯(これは超和食)をもりもり食って、8時36分のシャトルバスに乗りスキー場を。いや、スキー場、普通に歩けば10分くらいでゴンドラ乗り場まで行けるんだけど、くそ重いガンダムみたいなブーツはいて、スキー板抱えて歩くほど私はど変態ではないので、たとえ20分かかってもバスでのんびり行く。

ここの新田ではギリギリ座れるレベルだが、途中で人を拾っていくのでどんどん混んできてもう乗れないレベル。

「詰めてくださーい」って運転手が言うも8-9割外人なんで全く通じず(笑)

8時50分過ぎに長坂ゴンドラ駅に到着し、いそいそと一人レーンからゴンドラに乗り込み、周りを見渡せば全員外人。グッモーニングどこから来たの聞けば、オーストラリア。

そういえば同じ宿の外人カップルもオーストラリアって言ってたし、バス乗り場に並んでる外人の荷物もオーストラリアばっかりだったわ。丁度反対の季節だから日本に来たのかな?って思ってたら、後々地元のおばちゃんらと風呂で話してたら、金持ちのオージーどもが、後継ぎとかがいなくてつぶれた旅館やら民宿を買い取ったり、土地を買って自分で家を建てたりして、めっちゃ入植しているらしい。もう植民地?ってな勢いらしいです。

お話しながら、ゴンドラで山頂に行き、そこからやまびこ4とやまびこ3リフトに乗り換えて山頂へ。

初日はまぁ薄曇りで、ちらちら雪は降っているものの、たまに晴れたりして、そこそこの天気。

山頂は写真の通りハゲをDisっており、無邪気に写真を撮る外人の何パーセントがハゲなんだろうと考えつつ、3年ぶりのスキーを楽しみました。っていうかマジで最近のスキーって全然転ばないのね、つーか、どうやったら転ぶのってくらい転ばない。20年前に私がスキーを始めたころは、板は長ければ長いほどカッケーっていう世界だったので153センチの身長なのに178の板買って、そりゃあっという間にX転びしてたんだけど、今回借りた板は142センチ。重ならないから転ぶこともない。

っていうか今時誰みても身長より高い板履いてるやつなんていなくてさ、時代だなって思った。ただ問題は私はどんなブーツ履いても2日目には足首が痛くなって、もうびっこ引くレベルになるんだけど、人には「靴があってないのでは?」って言われるが、どのブーツでも痛い。

今回も初日は平気だったけど、二日目の夜にはもう涙流すくらい痛くて、あかーんもうだめやーって思ってネットで「スキーブーツ、足首、痛い」て検索したら、驚きの事実が発覚。

「今のスキー技術は、踵重心で滑ります。昔は足首に重心を置くように言われましたが、それは昔のことで、カービングは踵でしべる感じです」ってなYoutubeみちゃって、目からうろこっていうか「安藤てめぇ!あたしに散々足首に体重かけろ」って教えやがった、そのせいで20年間足首痛かったじゃねーか!!」って大学の時にスキーを教えてくれた安藤を思い出して恨むレベル。

ってことで、3日目の最終日、踵で滑ったら、あら簡単、あら痛くない、あらスキー楽しいじゃんっていう感じでした。

スキーもテニスも20年前とはまったく違うんだね。。。BBAはびっくりだよ

-シリア日記
-

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2018 All Rights Reserved.