シリア情報 留学

留学する前に(日本ですべきことNo.2)

投稿日:2003年1月4日 更新日:

海外旅行保険に入りましょう!!
留学を決めたら速攻入りましょう。

確かにシリアはキャッシュレスで受けられる病院もないし、医療技術もどうかな~??
って思うところが大きいですが、いざとなったら保険会社がヨーロッパなり
医療の発展しているところに輸送してくれるそうなので、必ず入ったほうがいいです。

私は出国の前日まで
「キャッシュレスで受けられるところないかな~?でも物価安いし
医療費だってそんなにかからんだろうし、大丈夫かな~?
保険料の方が高かったりして」な~んてケチなこと考えてたんですが、
いろいろな保険会社の問い合わせて、検討した結果、AIUの保険に入ろうと
現生もって空港に向かってその場で入ろうと思ったのですが、荷物の超過でもめにもめて
航空便で送る羽目になり、荷物の仕分けだとかでえらい時間をとってしまい、
トルコ航空の案内のJALのお姉さんに、
「急いでください、乗り場まで案内しますので」と言われたのですが
『あ、でも保険に入りたいのでもう少し待ってください』といったところ
「パスポートコントロールを受けてから中にあるマシーンでも入れますから」
と言われて中に入ったが、マシーンだと1ヶ月までの普通の海外旅行保険の
契約しか出来ず、『留学するんで、これじゃ困るんですけど!』と詰め寄ったところ
「トルコのイスタンブルの空港の中にJTBのカウンターがありそこで入れますから」
と、大ウソを付かれ、飛行機に乗りこみ離陸後トルコ航空のスッチャのお姉さんに聞いたところ
「え??イスタンブルにそんなのありませんよ。誰がそんなことを言ったんですか??」
なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!??(←ちょいジョジョ気味に)
ちくしょう、ちくしょう、あのJALアマーーー!
と、地団太踏んでもあとの祭り。
後日友人がJALに電話をして「嘘つかれては入れなかった」って苦情を言ってくれたのですが
「何月何日の事ですか?名前は分かりますか?私達は客様を案内するのが仕事で
保険のことなど一切分かりません。」と冷たく跳ねつけられたそうです。

で、一旦出国してしまったら途中で入ることなどできずに、シリアについて3ヵ月後
ストレス、疲れからインフルエンザ、胃炎、扁桃炎、膀胱炎を併発し、ここで一番よいと言われていた
病院に昼夜問わず通うが直らず、とうとう3週間後にふらふらで旅行代理店に行き
3時間後に出るエミレーツ航空のチケットをGET.
そして日本に緊急帰国となったわけです。

思い出せるだけで、こちらでかかった医療費10万以上
航空券17万、日本でかかった医療費4万弱、計35万弱とえらい大損です。
もし保険に入っていたら現地の医療費も日本行きのチケットも、日本での医療費も
すべて保険会社から降りていたわけで・・・・・。

皆様はこのようなことにならぬよう、必ず早めに入ってください。
(つーか、早めに入らなかった私が一番悪いんだけどさ・・・・。)

私は前回の失敗を教訓に一時帰国の際にAIUの「新留学保険」に入ってきました
医療費、携行品はもちろん、生活用動産といって留学先に家が火事になったり
物を盗まれた際にも適応するスーパー保険です。
(普通の留学保険は観光先、ホテルに荷物を置いておいたときの盗難しか適用されません)

お値段2年間で21万ちょいですが、すでにレバノンで入院している私
(2002年8月の日記をみてください)はとっくにこの入院代のみで21万超えています。
その他、小さな病気とかラジカセとかもうもうお世話になりっぱなしっす。

レバノンの入院の際は立替が利きましたが、その他は一旦自分で立て替えて
書類を日本に送って、AIUが私の口座に振り込んでくれています。

AIUの他にもいろいろ保険はありますが、私はAIUを一押しです。
というかなんでもいいので必ず入ること!!ZETTAI!

Last Update : 2003/01/04

-シリア情報, 留学
-, , , , ,

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2017 AllRights Reserved.