シリア情報 留学

留学する前に(日本すべきことNo.1)

投稿日:2003年1月4日 更新日:

海外留学する前に日本ですべきことを私のエピソードも含めて述べたいと思います。
といっても、抜け目のある私のやっていることなので、あまり当てにならないかも
しれないでの、100%信用しないように。

「住民票、国民年金、離職票、失業保険」

まず区役所、市役所に行って「外国に行くので~」と言って住民票を抜きましょう。
これをやると住民税、国民年金の支払い義務が消えます。
もし前年度払っていなかった場合はその場で清算します。
これと一緒に国民保険も抜いておきましょう。

外国でかかった場合、帰国して国民保険で清算できるそうなのですが
聞いた話ではすずめの涙くらいしか戻ってこないそうです。
保険料を考えたら、保険会社が出している海外旅行保険に入るのが良いと思います。
また、病気で一時帰国OR一時帰国中に病気になった際は、
速攻役所にパスポートを持って行って、
「国民保険に加入したいんです。昨日帰って来ました」といって、保険証を作ってもらいましょう。
帰国した日からの適用となります。
で、出国のときにまた抜けば、日本に滞在した期間のみの保険料支払いとなります。

私も以前に病気で一時帰国した際はこの手段をとりました。
約一ヶ月の滞在だったで保険料は一ヶ月分。私が出国してから
親に請求書が行ったと思います。(パパン、ママンすまん!)

国民年金はもちろん払っていなかった分は、差し引いて計算されますので
もらう際に100%ではないそうです。戻ってから一気に払うのも手だそうですが
確か5年滞納したら、もう払えなくなるみたいな話を聞いたような・・・・
誰が真実教えてください。

あと働いていた人は失業保険がありますよね~
でもこれって一年しか待ってもらえないのです。
JICAとかの場合は3年とか待ってもらえるそうですが、自己都合で外国に出る人は
離職してから、一年間は待ってもらえますが、一年を過ぎると失業保険をもらう
資格がなくなってしまうそうです。

(私の友人はこれに合わせて帰国してました)
って事で、私も失業保険パーです。がっくし。
他の友人はアメリカから毎月失業保険のために帰国しているそうです。
まぁアメリカは航空券やすいし。

しかし、この失業保険をもらうにしても必ず会社からの離職票がいるので
失業保険を受け取りたい方は必ず作ってもらっておきましょう。

ということで、
役所で、住民票、国民保険(これは任意)を抜き、
離職票を作ってもらいましょう。

Last Update : 2003/01/04

-シリア情報, 留学
-, ,

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2017 All Rights Reserved.