シリア情報 留学

語学学校のルール

投稿日:2002年10月26日 更新日:

毎朝9時から12時半までの授業で、10時半から間に30分の休憩があります。
休日は金曜と日曜です。

遅刻、欠席にはかなり厳しいです。
朝も9時5分までに入らないと、風紀委員のおっさん達(私が勝手に命名している)が、
校門の前で閻魔帳に名前、クラス、国籍を記入。
恐らく3回遅刻で一日欠席とかにされちゃいそうです。
他にも風紀委員のおっさんに仕事は、休み時間のチャイムが鳴ったら、カフェテリアや庭に居る生徒達を、教室に追い立てたり、授業を抜け出したり出来ないように、教室の外をうろついてます。
鑑別所のようです。
そのうち、髪の毛は肩についたら結わえろとか、スカートの丈が短い!とかのチェックまでやっちゃうんじゃない?ってな勢いです。

欠席も3ヶ月半のタームの中で15日以上休んだら、テスト受けても上のクラスに上がれないとかではなく、いきなり出入禁止になってしまうそうです。
病院に行って休む場合は、必ず医師の診断書を提出しなければなりません。

学校に休憩場所としてカフェテリアがあるのですが、すべて外の倍の値段です。
クッキーとかも外では5SPなのに、中では10SP。
コーヒーや紅茶も高いです。
なぜ学食のほうが高い??ってかなり不満です。
ハラーミーだ!(泥棒)。

まぁその分、大学よりは良い先生がそろっていると思われます。

Last Update : 2002/10/26

-シリア情報, 留学
-

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2017 AllRights Reserved.