シリア情報 生活

お金の送金方法

投稿日:2003年6月15日 更新日:

残念ながらシリアには日本のようなATMはありません。
厳密に言うと2台ありますがシリア人専用だそうです。

ではどうやってお金を調達するかというと、気分転換がてら隣国レバノンに行って
そこのATMを使う(LL、USDの選択が可能)のが一般的ですが、
シリア国内でもお金を手に入れる方法があります。
ずばり銀行送金です。

まずユーセフアズメ広場にあるセントラル両替所に行きます。
両替所の右側に入り口がありこのビルが「Commercial Bank of Syria Head Office」です。
8FがFORGINDEPARTMENTとなっていますので、エレベーターで上がっていきます。

エレベーターを降りると廊下があるのでそこの右から2つ目(だったような気がする)の
部屋に入り日本から送金したいという旨を伝えます。

そうするとここの英語堪能なおばちゃんがアドレスを教えてくれるので
このアドレス宛に日本から送金してもらいます
日本円、USDのどちらでも受け取り可能。
(今のところ日本の東京三菱銀行からしか出来ないそうです。)

<日本の東京三菱銀行での手続き>

窓口にSyriaに送金したいと言うと紙をもらえるのでそれに
SyriaCommercialbankのアドレス『CMSYSYDA』を書き
受取人の名前、パスポート番号を入れる。
(一回の送金に付き4000円の手数料が係ります。)

日本での手続きから大体5日ほどで届くそうなので、届いたかどうか電話で確認後
Head Officeからヒジャーズ駅に少し戻った歩道橋の側にある
Commercial Bank Of Syria Branch8の支店に行きそこで受け取ります。
この際に自動的に銀行口座が開かれますので、以後は直接この口座宛に
送金してもらうことが可能になります。
(この口座を維持するためには最低100ドルは入れておかなければいけない)

営業時間は朝8時半から12時半となっていますが、
実際の営業時間は9時過ぎから12時までですのでこの時間内に行きましょう。

この銀行送金、私の意見としてはお勧めできないです。
問題点は
①職員が怠慢
②送金の半分のお金を強制的にSyria通貨に換えようとする。
③営業時間に行っても「今日はお金が無い」と言って追い返される。
④手数料が1回の引き出しに付き3~4ドルかかる。
という
散々な銀行です。

私はお金が到着しているのも係わらず4日間通って追い返されて、最後に切れて
机をガンガン蹴飛ばして「いい加減に金よこせ、この泥棒が!」って怒っても無駄。
次に大泣きしてみたら、さすがにびびったのか全額の半分をかき集めてきて
『今日はこれしかないから勘弁してくれ、明日までには必ず用意しておく』といって
半分のお金を入手。翌日行くと
『あら~エミコさんいらっしゃーい、コーヒーにする?紅茶にする?』
ってな具合に茶菓子つきのVIP待遇。
しかし結局昨日の残りのお金全額を手に入れる事は出来ず、その後も何度も
通うって少しずつ返してもらう羽目になり(その度にコミッションとられる)
大損したような気がします。
ってことで、お勧めはできません。

写真はセントラル両替所。右側がHeadOfficeの入り口
選挙前なので垂れ幕だらけですね。

Last Update : 2003/06/15

-シリア情報, 生活
-

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2017 AllRights Reserved.