シリア情報 生活

家の借り方PART1

投稿日:2003年1月16日 更新日:

家を探すのはどこの国でも大変なことです。
ましてや納得できる家なんて、この国にはないと思っていいでしょう。
何かしら必ず問題があるけど、どこまで妥協できるかが大切です。
ちなみに私の家は設備、家具に関してはパーフェクトってくらい良いのですが
大家がすげぇ嫌な奴、上の住人が毎日、ごみをベランダから投げ捨ててくる、日当たりが悪い
ってのが、問題です。

値段は場所にもよりますが大体、寝室、サロンと呼ばれる居間、キッチン、風呂トイレで
120ドルくらいからです。

こっちの借家の基本は家具付です。家具から日用品まですべてそろっています。
家探しは不動産屋を通すのが一番時間も手間も省かれると思います。
不動産屋(マクタブ アーカーリ)はいたるところにあり、まずは住みたい地区の不動産屋を尋ねてみましょう。
で、金額とどういう感じの家がいいかこちらの要求をいいます。
(EX 寝室が二つ、ベランダ付、部屋は3部屋などなど)
で、不動産屋が持っていたら、まずは大家に電話して、大家が捕まれば一緒に
見に行くことになります。

家を見る基本はまずはどれだけ日当たりが良いかだとおもいます。
こっちってあんまり日当たりとか気にしていないようで、薄暗い家が多いです。
私が家を選ぶ際に見るポイントを載せます

・ 日当たり
・ 家の中の綺麗さ
・ 電話
・ 家具
・ 自動洗濯機
・ ベランダ
・ キッチンのコンロ(オーブン付が好ましい)
・ 水のタンクがついているか(節水制限のため12時以降は水がなくなります)
・ 日用品
・ 冷蔵庫
・ ストーブ、エアコン
・ トイレは様式か
・ 収納スペース
・ 布団、毛布は綺麗なものか

などなどです。

電話に関しては新しく電話線を引くのはかなり高額なことらしいので
無い家に新しく引くのは無理だと考えておいたほうが良いでしょう。

日用品にはついているのが当たり前だと思ってください。
掃除用具(ほうき、ちりとり、モップ等)からキッチン用具(なべ、フライパン、スプーン
皿、コップに至るもの)がない場合は大家に言って入る前にそろえてもらいます。

その他、電気スタンドや勉強机など必要なものは入居前に要求して、それが入ったかを確認すること!
入居後にあれが欲しい、これが欲しいと言ってもほとんど買ってくれないので
必ず先に買っておいてもらうことが大切です。
大抵の大家は金さえ受け取ってしまえば、その後は何もしてくれないようです。

E.YASUFUKU

Last Update : 2003/01/16

-シリア情報, 生活
-

Copyright© シリア通信改めエマラーツ通信 , 2017 All Rights Reserved.